…宗教や宗派にとらわれない供養として自然葬/散骨取扱い葬儀会館
近年になって、都市を中心に生活者の意識が個人中心の価値観へ変化していく中、宗教や宗派にとらわれず、遺族に負担をかけない葬送方法として散骨(自然葬)を希望する人が増えてきました。
散骨とは、粉末化した遺骨を、海や山に還して故人をお送りする葬法で、海外では広く一般的に行われています。海や山への散骨のほかに、航空機からの空中散骨や、衛星ロケットで故人の遺骨を載せて地球軌道上に打ち上げる宇宙葬なども自然葬と言えるでしょう。
野や山での散骨
自然に還りたいという思いをかなえるため、思い出に残る故郷の野や見晴らしの良い山、子どもの頃遊んだ木の下などへの散骨を生前から希望する人が増えてきているようです。火葬の済んだ遺骨を散骨するには、人骨と判断できない2〜3ミリ以下の粉末に細かく砕くことが望まれます。
ただし故人の希望を汲んで遺族が散骨をしようとしても、墓地埋葬法などに抵触する恐れがありますし、近隣住民の宗教的感情を充分考慮して節度を持って行うことが求められます。専門の散骨業者もありますので相談してみるといいでしょう。
海洋散骨
自然の中で生をいただき、再びそこへ還る--そんな願いをかなえる自然葬のうち海への散骨は、所有者(地権者)がいる山への散骨に比べると制限が少ないといえます。
それでも漁場や海水浴場など一般に使用されている海域においては「節度」の点からも散骨はされていません。
海洋散骨を専門にしている業者の中には、船をチャーターして故人の家族や親族だけで散骨する場合、異なる遺族が合同で乗船して散骨する場合、さらには家族や親族は乗船しないで業者に任せて指定されている海域で散骨をしてもらう場合があります。
航空機による散骨
航空機による空からの散骨は、海からの散骨と違って海況に左右されず、上空から見下ろす広大な海を背景に、故人を見送る印象はいつまでも心に残るものです。
一般向けの小型チャーター便を取り扱っている航空会社に依頼すれば、比較的容易に利用できます。
チャーターするのはセスナなどの小型航空機かヘリコプターが一般的で、前者は比較的短時間で沖合上空に出ることができますが、搭乗人数は数名に限られます。ヘリコプターはセスナ機と違って、投下地点で停止し、祈りを捧げる余裕をとることができますが、料金は2倍程度かかります。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて