参列者のマナー
1.出欠の返事はなるべく早く
法要の案内状が届いたらできるだけ返事は早く出しましょう。故人と親しい人のなかから遺族が選んで招待してもらっているのですから、特別な用事がなければ出席するのがマナーです。
2.法事に持参する物
以前は供花や果物、菓子などの供物を持参しましたが、最近では現金(供物料)を包むのが一般的です。仏式では不祝儀袋に「御香料」「御仏前」の表書きを、神式では「御神前」、キリスト教では「お花料」です。金額は一万円程度が一般的ですが、簡素なおもてなしの場合は、香典の三割程度が目安です。直接、施主に渡すのが正式なマナー。
3.服装
一般の参列者は紺やグレーなどの略式礼服を着用します。三回忌以降は地味な平服でかまいません。
遺族のマナー
1.日取りの決定
故人の命日に行うのが正式ですが、都合がつかない時は繰り上げて、土曜か日曜日にすることが多いようです。そのうえで読経してもらう僧侶の都合に合わせて決定します。午前中に法要を行い、会食を昼の時間に設定するのが一般的です。案内状は一ヶ月前には発送するようにします。
2.お布施について
僧侶へ読経や戒名をいただいたお礼としてお渡しするのがお布施です。半紙に包むか、白封筒に入れ、「御布施」と表書きします。水引は使用しません。僧侶に自宅や会場に出向いてもらった場合は「御車代」を、また会食に招待しなかった場合や出席されないときは「御膳料」を包みます。料金については定まった額はありません。檀家の人やお寺に直接相談するといいでしょう。
3.引き物
引き物は、先祖からの心づくしの意も含まれています。表書きには「志(こころざし)」か「粗供養(そくよう)」、下に施主の家名を書きます。参列者の一所帯に一つ用意するのが一般的です。
4.服装
三回忌までは喪服を着たほうが無難です。内輪の集まりでは平服でもかまわないでしょう。ただし参列者より軽装になるのは避けるようにします。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて