年忌の数え方
年忌の数え方
一周忌
翌年
三回忌
満2年目
七回忌
満6年目
十三回忌
満12年目
十七回忌
満16年目
二十三回忌
満22年目
二十七回忌
満26年目
三十三回忌
満32年目
三十七回忌
満36年目
五十回忌
満49年目
故人が亡くなった日と同月同日を「祥月(しょうつき)命日」といい、百か日法要の後、最初の祥月命日に一周忌の法要を営みます。
この後、三、七、十三、十七、二十三、二十七、三十三と3と7のついた祥月命日に行う法事を年忌法要と言います。
ただし亡くなった翌年の祥月命日が一周忌で、その翌年の満二年目に三回忌を行い、三回忌以降は亡くなった年を含めた数え年になります。
一般には十三回忌まではよく行われ、以降はいくつか省略して三十三回忌を「忌上げ」といって、最終年忌とします。
その後は五十年ごとに五十回忌、百回忌と勤める場合もあります。
※一般的には三十三回忌で弔い上げとなり、以降の法要は行いません。
一周忌の準備

一般には葬儀の喪主(もしゅ)を務めた人が法事を行う施主(せしゅ)となり、主催者として、次のような手順で準備します。

1. 菩提寺への連絡
  菩提寺とは先祖代々の墓をおき、菩提を弔うお寺。住職と相談して、忌日当日からそれ以前で法要の日時を決めます。みんなが集まりやすい土日が選ばれることが多いでしょう。
2. 法要の場所を決める
  自宅や菩提寺、あるいは法要施設のある霊園やホテルで行うこともあります。
3. 会食の場所を決める
  法要後の会食「お斎(さい)」を行う場所や招待する人数を決めます。法要会館(お店)に連絡を入れて予約します。この際に料理を決めますが、一般のお店では法要で利用すると申し添えておきます。
4. 案内状の手配
  近親者だけでなく故人と縁の深い人々を招く場合は、案内状を送ります。往復はがきなどで出欠の確認をとるとよいでしょう。
5. 引き物を用意する
  会食には引き物を付けるのが一般的です。引き物は、お菓子や実用品など、あまり華美にならないものがふさわしいでしょう。このほか、御布施やお供え物の用意もしておきましょう。
一周忌当日の進め方
一般に法要の後は、故人への供養と参列者への感謝の意味で「お斎」と呼ばれる会食に招待します。会食には僧侶も招きます。
自宅や寺院、会館などで法要をした場合、その場に仕出しを手配してもいいですし、別にレストラン、料亭などを予約してもいいでしょう。
お斎を辞退された場合は、「御膳料」と表書きした白封筒に1万円を入れて渡すことが多いようです。
お斎の席順は、焼香順と異なり、僧侶を上座に、親戚や故人と親しかった友人の順に並び、施主や近親者は下座(末席)に座ります。
下座の施主(喪主)は会食の前に挨拶をし、終わりがけに僧侶にお布施を、参列者に引出物・引出菓子などを配ります。
埋葬と納骨
葬儀後、自宅に安置されていた遺骨をお墓に埋葬するのは、四十九日法要のあとに行うのが一般的です。これを「納骨式」と言います。
厳密に言えば、お寺や霊園の納骨堂に遺骨を納めることを「納骨」と言い、お墓に遺骨を納めることを「埋葬」と言います。
すでにお墓がある場合は、事前に石材屋などに頼んで、納骨室の入口ふたをはずしておいてもらいます。
四十九日法要が終わった後、住職にお墓でお経をあげてもらいます。その際、埋葬許可証を忘れずに持参します。
また住職へのお布施や、墓地管理人などへの心付けも用意します。墓地のない場合は、一時的にお寺や霊園の納骨堂に預けるか、公営の納骨堂などに「永代納骨」として預かってもらいます。
埋骨式や納骨式のあとは、参列者を宴席場へお招きし、簡単な料理でもてなし、施主が、御礼を述べた後、用意した引き出物を参列者に持ち帰っていただきます。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて