一般に私たちは「法事」と「法要」、両者の区別をあまり意識することなく呼んでいますが、厳密に言うと「法要」とは故人の冥福を祈り、仏様を供養するという意味の仏教用語で、これを追善供養ともいいます。神道での「霊祭」、キリスト教では「追悼ミサ」あるいは「記念式」に当たります。 これに対して「法事」は、故人への供養のほかに、後席の食事を含むすべての仏教行事や儀式を指します。 仏式では法要を行う日が決まっており、死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要(きびほうよう)と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌などの年忌法要(ねんきほうよう)があります。

初七日法要
亡くなった日を入れて七日目に行うのが「初七日法要」ですが、最近では葬儀が終わった日に遺骨を迎えての法要(還骨勤行 )を行うのに併せて、初七日の法要を兼ねることが一般的になっています。
当日行わなかった場合は、死亡した日から数えて七日目に、親戚、故人の親友、葬儀に際してお世話になった方々などをお招きして行います。法要の日数の数え方は、関東では死亡日当日から数えますが、関西では死亡前日から数えることが多いようです。
仏式では初七日法要以降、故人が亡くなった日を入れて14日目に「二七日(ふたなぬか)の法要」、21日目に「三七日(みなぬか)の法要」が行われます。 僧侶に来てもらってお経を読んでもらいますが最近ではそれも省略して内輪の家族だけで行うことが多くなっています。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて