葬儀は宗派によって意義づけも異なり、読まれるお経や式次第なども違います。それらの葬儀の特徴と流れについて、そのあらましを理解しておけば、遺族になってもいざという時に戸惑わず、会葬者も故人を送る気持ちがより深まることでしょう。
天台宗 ▼真言宗 ▼禅宗(臨済宗/曹洞宗) ▼浄土宗 ▼浄土真宗 ▼日蓮宗 ▼神式(葬場祭)
天台宗
式の特徴
顕教と密教の併修が天台宗の特徴で、日本の葬儀の源ととらえることができます。葬儀では法華経と阿弥陀経が読経され、光明真言法による土砂加持が行われます。故人には大乗仏教の修行者である菩薩になるための円頓戒(えんどんかい)が授けられます。

[臨終・通夜](遺族)
故人の枕元でお経をあげる「枕経」が阿弥陀経で読まれます。通夜法要は俗に「朝題目に夕念仏」といわれたように、朝は法華三昧が行われ、夕方にはゆるやかな抑揚をつけて念仏が唱えられます。いずれも阿弥陀経中心の法要です。
導師により故人の頭にカミソリが当てられる(実際に剃ることはない)剃度式では、家族との縁を切り出家することを示す「辞親偈(じしんげ)」が唱えられ、続いて「懺悔文(ざんげもん)」「授三帰三竟(じゅさんきさんきょう)」が唱えたあとに戒名が授けられます。
[葬儀式](遺族・会葬者)
次第の組み立て方によって大きく異なりますが、光明真言による光明供(こうみょうく)を中心にした葬儀では、葬式作法と引導作法との二部構成になります。

導師の入堂の前後に、お経に節をつけて歌う声明が唱えられます(略される場合も)。最初の僧が立って歌うのが「列讃」で、導師着座のあとは、故人の一切の罪障を消滅させ、浄土へ往生する功徳があるとされる光明真言で加持を行う「光明供」が行われ、その後に法要の功徳が成仏に役立つことを願う随法回向が唱えられます。

(1)入堂
(2)列讃
(3)光明供修法
(4)随法回向
葬式作法は諸仏に対しての儀礼、引導作法は故人を仏の世界へ導く儀礼なので、導師は葬式作法が終わると座を変えることがあります。そのあと列讃から、棺を封じる儀式である「鎖龕(さがん)」、棺を葬場に送る準備の「起龕(きがん)」、霊前に蜜湯や茶を備える「奠湯(てんとう)」「奠茶(てんちゃ)」が行われます(一般の在家では略されることも)。

(5)列讃 
(6)鎖龕 起龕
(7)奠湯 奠茶
続いて導師は霊前に進み、「菩薩戒偈」を唱え、故人を浄土へ送り出す意味がある「引導」を行います。引き続き、空中に梵字と円を描く「下炬(あこ)」の後、読経に入ります。この間に遺族や会葬者の焼香が行われます。

(8)引導
(9)下炬(あこ)
[焼香〜出棺](遺族・会葬者)
焼香は天台宗では特別な定めはなく親指、人差し指、中指で抹香をつまみ、左手を添えていただき、香炉にくべる。
回数は1回でよい。終わると光明真言か念仏が唱えられ、最後に総回向が行われて葬儀が終わります。

(10)焼香
(11)光明真言または念仏 
(12)総回向
(13)導師退場 出棺
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて