神式キリスト教式無宗教式
仏式との違い
日本では仏式葬儀に次いで多く行われている神式葬儀。葬場祭(神葬祭)と呼ばれ、仏式葬儀の告別式と葬儀を兼ねています。個人の霊魂を一家の守護神として祀るのが神式の特徴で「死を忌み嫌う」ため、葬儀は神社ではなく自宅か斎場で行います。
お悔やみを伝える場合は、仏式のように「冥福」「成仏」「供養」などという言葉は用いません。「このたびは突然のことでございました」や「お知らせをいただき、ありがとうございました」などとすればよいでしょう。
弔慰金を贈る場合、のし袋には「蓮の花」の入っていないものを使用。記入は「御霊前」「玉串料」などとします。
通夜祭および遷霊(せんれい)祭
仏式の通夜にあたる儀式を神式では「通夜祭」といい、引き続いて故人の霊を霊璽(れいじ)に移し留める式を「遷霊祭」といいます。神社での通夜は行わず、自宅または斎場で行います。「通夜祭」を司る 神職を「祭主」といい、普通は神社の神主が行います。また式を進行する世話役を斎員と呼びます。
通夜祭の式の流れ
◇手水の儀=入り口に用意された桶の水をひしゃくで汲み、手と口を清めます
◇斎主の着席
◇喪主・遺族の着席
◇斎主の拝礼
◇献饌(けんせん) = 副斎主以下が神にささげる供物「神饌」を供します
◇祭詞奏上=斎主が祭詞を奏上しているあいだ、一同は頭を下げて拝聴します
◇楽員による詠歌(るいか)奏上
◇玉串奉奠(たまぐしほうてん)=喪主に続いて副斎主、喪主、遺族、親戚の順に捧げます
◇撤饌(てつせん)=副斎主以下が神饌を下げます
◇斎主拝礼= 斎主が遺体に拝礼し、全員が斎主に従って拝礼します
◇一同退出
遷霊祭の式の流れ
◇斎主一拝 =式場の明かりを消します。一同拝礼
◇遷霊詞=斎主が遷霊の詞を唱えます。この時一同は平伏します
◇霊璽安置=霊璽(れいじ)を祭壇に安置した仮霊舎に納めます。霊璽とは仏式の位牌にあたるものです
◇斎主一拝 =一同拝礼
◇献饌(けんせん)
◇遷霊祭詞
◇玉串奉奠=仏式の焼香にあたるもので、斎主に続いて、喪主から順に玉串を捧げます
◇斎主一拝 =一同拝礼
◇通夜祭・遷霊祭終了

喪主または遺族代表が会葬御礼の挨拶を行い、遷霊祭が終われば、続けて通夜ぶるまいを行います。神道の通夜ぶるまいでも、酒や魚などの料理も出してかまいません。むしろ酒は「お清め」のひとつなので、でるだけ口をつけるようにします。
葬場祭と出棺祭
<葬場祭>
仏式の葬儀にあたるのが「葬場祭」で、神式でもあわせて告別式が行われますが、最近では仏式と同じように葬場祭と告別式の区別がなくなってきています。通夜祭と同様、自宅または斎場で行います。
●葬場祭(告別式)の一般的な流れ
手水の儀=入り口に用意された桶の水をひしゃくで汲み、手と口を清めます
参列者着席
斎主入場
開会の辞
修祓の儀(しゅうばつのぎ)=斎主が、斎場や棺、供物、参列者などを祓い清め、参列者は起立し、頭を下げてお祓いを受けます
献饌(けんせん)・奉幣の儀=斎員が三方に用意されている神饌と幣はく(供物)を供え、楽員が雅楽を奉じます
祝詞(のりと)奏上=祭壇前で斎主が故人の略歴や人柄などを盛り込んだ祝詞を奏上します
誄詞(るいし)奏上 =斎員が故人の人徳を偲び故人の足跡を述べ、誄詞を奏上します
弔辞〜弔電披露
玉串奉奠=仏式の焼香にあたるもので、斎主に続いて、喪主から順に玉串を捧げます
撤幣・撤饌=斎員が祭壇に供えた神饌と幣はくを下げます
神職者退場
閉式の辞
[<出棺祭>
神式で出棺の時行うのが「出棺祭」ですが、最近は省略することも多く、その際は葬場祭の祭詞のなかで出棺の祭詞も奏上されます。出棺では仏式と同様に、最後の対面と別れ花をしたあと釘打ちを行います。棺は遺族や親しい友人の手で霊柩車まで運ばれます。親族代表のあいさつが行われて、遺族らが車に乗り、祭具も火葬場に移されます。
出棺後、残った者は祭壇などを片づけ、手水の儀を行った後、残った神官に家の内外を祓い清めてもらいます。これを遺族や部屋を死のけがれから清める「後祓いの儀」といいます。
神式の作法
◇玉串奉奠(たまぐしほうてん)のしかた
玉串とは、榊(さかき)の枝に紙垂(しで =白い紙を細長く切ったもの)をつけたものです。玉串奉奠とは、玉串に自分の心をのせ、これを奉奠(捧げる)することで、故人の霊を祀る意味がこめられています。
1. 玉串の根もとのほうを右手、枝先のほうを左手で受け取り、祭壇の前に進み一礼します。
2. 左手で葉の部分を支えながら、葉の先が前を向くように、右に90度ほど回します。
3. 玉串を根もとが前を向くように時計回りに回します。
4. 根もとを祭壇に向けて玉串案に供えます。
5. 遺影を仰いで下がり、二拝二柏手一拝します。席に戻ります。

◇柏手は「しのび手」で
玉串奉奠のあと、一歩下がり、二礼し、身体の正面で両手を合わせ、音をたてないで二回拍手をします。このとき、両手を打つ手前で止め、音をたてません。これを「しのび手」と言います。拍手のあと一礼し、席に戻ります。
◇手水の儀(ちょうずのぎ)のしかた
会場に入る前に参列者一同が心身を清めるために行う儀式です。左手、右手の順に手に水をかけて清め、最後に左手に水をとってロをすすぎます。
 1.柄杓ですくった水を左手に3回注ぎます。
 2.柄杓を左手に持ち替え、同様に右手を清めます。
 3.左手で水を受け、口をすすぎます。
 4.懐紙(かいし)で手と口を拭きます。

懐紙がなければハンカチでもかまいません。手水の儀の後は、“二礼二拍手一拝”の作法を行います。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて