会葬者の服装
【通夜の服装】
遺族よりも格式の高い服装では失礼になりますので、男性は黒またはダークスーツなどの略礼装、女性は黒、グレー、濃紺などの地味な色で清潔な平服か、シンプルなデザインのスーツやアンサンブルやブラウスとスカートを組み合わせてもかまいません。
和装なら紋つき羽織が適当でしょう。急な通夜では地味な平服でもよいとされています。
【葬儀・告別式の服装】
世話役代表や葬儀委員長などをのぞく一般の会葬者は、略式の喪服でよいでしょう。
男性ならば黒、紺、グレーなどの地味なスーツで、白いワイシャツに黒いネクタイを締めます。靴下、靴も黒がいいでしょう。女性の場合、黒などのワンピースかスーツに靴は黒のパンプス、ストッキングは黒か肌色が適当です。首まわりや背中があいていたり、光沢のある生地は避けるようにします。
和装なら小紋に黒の帯、黒紋付きの羽織を着るといいでしょう。ハンドバックなども黒の物を用います。
ブラックフォーマルの常識 ブラックフォーマルウェアについてもっと知りたい方は→

弔辞を頼まれたら
遺族から弔辞を頼まれたらこころよく引き受けるのが礼儀です。依頼を受けていなくても、故人への哀惜や手向けの言葉を捧げたい場合は葬儀が始まる前に世話 役にその旨伝えておきます。弔辞を読む場合は改まった立場ですから、服装は平服は避け、少なくとも略礼装の装いを心がけましよう。

 ・美辞麗句ではなく、故人の死を悼む気持を素直に出す
 ・生前の業績や経歴、故人の人となりを伝える
 ・故人への追慕と感謝の気持 を伝える
 ・遺族への慰めと励ましの言葉で結ぶ
 ・弔辞を読み上げる時は、感情を抑えて普通よりもゆっくり読む

弔辞は巻紙か奉書紙に薄墨で書くのが正式です。読み終えたら祭壇に供え、最終的には遺族のもとに保存されるものですから、ていねいに正確に書くよう心がけます。
通夜か告別式か
本来、仏式の通夜へ参列するのは、遺族や近親者、親しい友人など故人と深いかかわりを持つ人に限られ、それほど親しい関係にない人は、葬儀告別式に参列するものでした。
また、亡くなられた当日の夜に遺族や親族だけで「仮通夜」を行ったうえで、一般の弔問客を迎えて「本通夜」を行う場合もあります。
最近では、告別式か通夜かどちらかに出席すれば礼をつくした、とされるようになってきています。

香典のマナー
香典を入れる金包みは左前に折って、裏は上の折りを下の折りにかぶせ下向きにします。
香典の額は故人およびその家族とのおつき合いの程度や自分の社会的地位、また地域の慣習によって決まりますが、目安は親族が1〜5万円 、友人5千〜1万円、職場5千〜1万円、近隣1〜3千円といったところです。
いずれも奇数になるように、そして新札は包まないように。
新札しかない場合は半分に折ってから袋に入れます。香典包みはいろいろな種類が市販されていますが、金額が少ない場合は略式の不祝儀袋を用いるのが無難です。
中包みは、折り返した三角形の部分が下に向くようにします。
香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参します。
【香典の意味と表書き】
香典とは本来、霊前に香や花を供える代わりに現金を包んで贈るという意味がありましたが、今日では不意の出費に対する相互扶助という意味合いが強くなっています。このように現金を包んで贈るのは日本だけの習慣ですが、キリスト教式でもカトリックでは「御ミサ料」、プロテスタントでは「御花料」という形で行われています。また神式では「御玉串料」や「御神饌料」といいます。香典包みの表面は故人の宗教に合わせて、仏式ならば「御仏前」「御香典〈奠〉」などと薄墨で書きますが、仏式でも浄土真宗の場合は「御香典」を使います。相手の宗教がわからないときは「御霊前」と書くのが無難です。
合同慰霊祭のように複数の場合以外は、贈り先の名は書かないのが普通です。
下段中央には贈る人の名をフルネームで書き、香典包みの裏には住所や金額を記すことも忘れずに。中包みがある場合は、金額と住所、氏名は中包みに書いたほうがよいでしょう。
焼香の作法
仏式の通夜や葬儀に参列したときには焼香をします。焼香には、立礼の焼香、座礼の焼香、自席で行う回し焼香がありますが、焼香の回数も含めて作法は宗派により少し異なります。分からない場合は、先に焼香している人に合わせるか、案内係に聞いてみましょう。
【立 礼】
1)
祭壇前に進み、遺族と僧侶に一礼、続いて合掌拝礼します。
2)
香を右手の親指、人指し指、中指でつまみ、目の高さまでかかげた後、香炉に入れます。(宗派によって焼香回数は違います)
3)
もう一度拝礼し、前向きのまま祭壇から数歩退いて僧侶・遺族に一礼。元の席に戻ります。

【座 礼】
1)
中腰で祭壇前に進み、壇横の喪主や遺族に一礼します。
2)
祭壇に向かって頭をさげた後、膝で前へ進み、遺影に向かって合掌。
3)
香をつまんで目の高さまでかかげた後、香炉の上に落とします。
4) 再度合掌し、喪主遺族に一礼して立ち上がって退きます。

【回し焼香】
自宅の通夜や葬儀、法事などで行われます。
1)
香炉が回ってきたら 軽く礼をして受け取ります。
2)
自分の正面にお盆を置いて(椅子の時は膝の上)、祭壇に向かって合掌。
3)
香をつまんで目の高さまでかかげた後、香炉へ香をいれます。
4) 祭壇に向かって合掌します。
  香炉を次席の人に渡します。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて