喪主と遺族の服装
喪服には「正式」「準」「略式」などの段階があり、通夜までは地味な平服でいいですが、通夜から喪服に着替えます。遺族は弔問客より一段格上の喪服を着用します。若い遺族は、学生服や制服、あるいは紺やグレーのブレザーでもかまいません。
【男性/洋装】
昼間の喪主の正式礼装はモーニングコートですが、通夜にはブラックスーツかダークスーツでかまいません。遺族はブラックスーツでもいいでしょう。葬儀委員長あるいは世話役代表も喪家に合わせてブラックスーツに黒のタイを着用します。遺族や近親者はもちろん、世話役も左腕に喪章をつけます。

【男性/和装】 男性は黒羽二重の染抜き五つ紋付き羽織、縞袴が正式な喪服です。
【女性/洋装】
正式喪服は、黒無地のワンピースかスーツ、アンサブルです。あるいは紺やグレーなどの無地のワンピースでもいいでしょう。ボタンやバックルも光沢のない共色にします。喪章は黒のリボンを左胸につけます。

【女性/和装】
正式礼装は、色無地に黒の帯を締めます。冬は羽二重か一越(ひとこし)ちりめん、夏は絽が多く用いられます。帯は、絽か紗の黒の名古屋帯が一般的。裏方の手伝いの人は小紋の着物などでかまいません。
喪主の役割と心得
喪主は以前は、家督相続人が喪主を務める習慣がありましたが、今日では妻でも親でも故人と一番つながりの深い人を選ぶようになっています。
いずれにしても葬式を執行する側の代表者ですので、遺族、近親者でよく相談して決めます。
喪主の第一の役目は、主催者として通夜・葬儀を通じて、さまざまな弔問客の応対をすることです。
だからといって席を離れて挨拶に回ったり、見送る必要はなく、できるだけ故人のそばに付き添う位置にいるようにします。
細かな段取りは世話役にお願いするようにします。
弔問時のあいさつ
弔問客のお悔やみの言葉には、丁重にあいさつをして「本日はお忙しいところ、お越しいただきありがとうございます。生前はたいへんお世話になりました…」など、簡潔に礼を述べます。
故人ととりわけ親しかった人を除いて、故人の死亡時の状況や死因について説明することは控えます。
お悔やみの言葉に対しては、忙しい中駆けつけていただいたことや生前のご厚誼に対するお礼を述べた後、故人との対面をお願いします。
数多くの弔問客が来訪される場合、一人の人と話し込まず、できるだけ簡潔に挨拶を済ませます。
遺族と親族の打ち合わせ
通夜や葬儀では弔問客からの香典は受付で預かります。受付には、弔問者記帳帳、香典帳、名刺盆、すずり、筆を用意し、弔問客に氏名・住所・香典の金額などを記帳していただくとともに、会葬礼状を手渡します。
香典を受け取る時は、喪主の代理として「お預かりします」と一礼しながら両手で受け取ります。香典や供物を受け取る時は「お預かりします」を「恐れ入ります」と言い換えればいいでしょう。
弔問客が受付台を離れてから、受け取った香典の氏名の記入を確認し、無記名なら記帳簿の名を写しとります。金額が未記入の場合もこの時に確認して帳簿に記帳しておきます。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて