お通夜でのあいさつ告別式(終了後)でのあいさつ精進落としでのあいさつ
遺族代表
遺族を代表いたしまして、皆様にひとことご挨拶を申し上げます。
本日はご多忙中にもかかわらず、故人のためにご会葬、ご焼香を賜りまして、誠にありがとうございました。
生前中は皆様より格別なご厚情、ご愛顧を頂きまして誠にありがとうございました。さぞかし故人も皆様のご厚情に感謝いたしていることと存じます。
私ども遺族一同にも故人同様のご厚情、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げ、簡単ではございますが御礼のご挨拶と致します。ありがとうございました。
本日はご多用にもかかわりませず、ご会葬・ご焼香を賜り、おかげをもちまして故○○の葬儀・告別式もとどこおりなく済ませることができました。
故人の入院中は皆様方より温かい励ましのお言葉、御見舞等を賜り、改めて御礼申し上げます。私ども一同精一杯の看護を致しましたが、○○才の天寿を全うして、往生致しました。生前はひとかたならぬご厚誼、ご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
なお残された私どもにも、今後ともかわりなくご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
簡単ではございますが、お礼のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。
喪主・父
本日は突然のことにもかかわらず、お忙しいところ、○○のためにご会葬いただきまして誠にありがとうございました。
長男○○は先月二十三日、帰宅途中に自動車事故に巻き込まれ、意識不明の状態で□□病院に運ばれました。病院の先生方には懸命に治療にあたっていただきましたが、その甲斐もなく、今月三日午後九時に二十三才の短い生涯を閉じました。
○○は社会人三年目で職場にも慣れ、ますます仕事への意欲を燃やしていた矢先のことだけに、こんなかたちで命を落としてしまうとは、本人の無念を思うと言葉もございません。
ただ、先程からお友だちからの心のこもったお言葉を伺っておりますと、とりもなおさず〇〇の二十三年間は、短いけれど充実していたのではないかと思えます。心から感謝しております。本日はありがとうございました。
喪主・兄
ご会葬いただきました皆様にひと言ご挨拶を申し上げます。
私は故○○の兄でございます。本来ならば故人の妻からご挨拶するところ、ご覧のように悲嘆に暮れて体調をくずしておりますので、遺族、親族一同を代表いたしまして、私がひと言ご挨拶を述べさせていただきます。
−できるだけ故人の功績や人柄をしのび、哀惜を表す言葉を−
ただ、故人の死があまりにも急で、家族の心の準備ができておりません。不幸中の幸いは、二人の子供が成人し、社会に出ていることでございます。 ここにあらためて、皆様からの生前にいただきましたご厚誼に対しまして、厚く御礼申し上げますとともに、遺族に対しまして、生前にも増してのご厚誼を賜りますようお願いして、ご挨拶にかえさせていただきます。
どうも本日はありがとうございました。
喪主・長男
本日はご多用中にもかかわらず故○○の葬儀、並びに告別式にご参列くださいまして、誠にありがとうございました。私は故人の長男○○と申します…
−故人逝去までの経緯、人柄や生前の生き様など、故人をしのぶエピソードなどにふれる−
…亡き父は生前、皆様と親しくお付き合いをして頂きましたが、葬儀に当たりましても、このように大勢の方にお見送りいただき、さぞかし喜んでおることと存じます。今後も皆様には、変わらぬご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます。簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。
喪主・妻
本日は、お忙しいところ、夫・○○の告別式に大勢ご参列下さりありがとうございました。また多くの方々より御弔意ならびにご香典を賜りましたこと、この場をおかりしまして厚くお礼申し上げます。おかげさまをもちまして亡夫の葬儀もとどこおりなくすみ、出棺の運びとなりました…
−故人逝去までの経緯、故人が生前、お世話になった方々へのお礼などについうてふれる−
…加療中は、ご丁寧なお見舞いを頂きましてありがとうございます。皆さまにそのご恩返しができず、故人としてさぞ申しわけなく思っていることと存じます。
本日は最後までお見送りいただきまして、ありがとうございました。今後もご厚誼を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
喪主・夫
本日はご多用中のところ、妻○○の葬儀に多数ご参列いただきまして、誠にありがとうございました。また多くの方々より御弔意ならびにご香典を賜りましたことを、この場をお借りして厚くお礼申し上げます…
−故人との結婚生活、療養生活、逝去までの経緯や、故人への哀惜などについてふれる−
…私ども家族にとりましては、まだ信じられない思いで一杯ですが、これからは、家族力を合わせて生きていきたいと思っております。皆様には、これまで同様のお付き合いを頂きますようお願い申し上げます。本日はありがとうございました。
喪主代行
ご会葬の皆様、本日は故○○の葬儀・告別式に当たり、ご多用にもかかわらずご参列、ご焼香を賜りまして誠にありがとうございました。 本来なら喪主の○○がご挨拶申し上げるところでございますが、看病生活の疲れが相当たまっていたようで体調を崩して起き上がれないということですので、故人の兄であります私が代わりましてご挨拶いたします。 故人の生前…
−故人の逝去までの経緯のほか、業績や人柄等のエピソード、哀惜を表す言葉を−
改めまして故人への生前のご厚誼に対して深く御礼申し上げますと共に遺族に対しましても、今まで以上のご支援を賜りますようお願い申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。
葬儀委員長
本日はお忙しい中をご会葬賜り、ありがとうございました。葬儀委員長といたしまして、ひとことご挨拶を申し上げさせていただきます。 おかげさまをもちまして、株式会社○○、副社長、故○○殿の社葬、並びに告別式は滞りなく終了いたしました。ご遺族に代わりまして、厚く御礼申し上げます…
−故人の逝去までの経緯のほか、業績や人柄、哀惜を表す言葉を−
…今後、私ども社員一同、○○の遺志を受け継ぎ、ますます社業発展に努力していく覚悟でございますので、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。 最後にご遺族に対しましても、今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願いを申し上げまして、ご挨拶に代えさせていただきます。 本日は誠にありがとうございました。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて 互助会のご案内